HOME → うつ病の症状について → うつ病の人との接し方について

うつ病の人との接し方について

自分がうつ病を発症した時の対策を立てておくことも大切ですが、身近な人が発症した場合どうしたら良いのかということも考えてみましょう。 うつ病は身近な病気ですので、いつ誰が発症するかわかりません。うつ病の人との接し方を学び知識として身につけておきましょう。 うつ病は治る病気ですので焦る必要はありません。人それぞれ治る速度は異なりますので、まずは周囲の人が大きく構えることが大切です。大きく構えたうえで接し方に気をつけて相手をしっかりと受け入れていくことをおススメします。

大きく構えましょう

うつ病の人との接し方 うつ病を発症したと聞くといろいろ問い詰めたくなる気持ちも理解できますが、それによって追い詰められてしまってはうつ病の症状が悪化しかねません。 本人が一番何で自分がと思っているので、正しい治療を施せば治る病気だからと言って大きな気持ちで受け止めましょう。

うつ病の方を否定してはいけません。会話の中でもネガティブな言葉は使わないように心がけることも大切です。うつ病の方の全てを受け入れる気持ちで接するようにすることをおススメします。

頑張っては言わないようにしましょう

うつ病の方は疲労を感じている方が多いため、頑張ってという言葉は苦痛以外の何ものでもありません。うつ病は頑張って治るものではありませんので、反対に傷つけてしまうこともあるということを頭に入れておきましょう。

うつ病の方には休息が必要です。焦る気持ちからつい頑張ってと言ってしまいがちですが、うつ病の方にとって不要な言葉です。

聞き役になりましょう

うつ病の方は決して怠けているわけではありません。批判的な言葉は控えるようにして、話を聞いてあげるように心がけましょう。優しく聞いてもらえるだけで安心感に繋がりますので、特にアドバイスをする必要はありません。相手を受け入れているというスタンスが大切です。

もちろん無理に話をさせる必要はありませんし、場合によってはこちらの話を聞いてもらうこともありますが、その際の話題選びには注意が必要です。神経質になり過ぎる必要はありませんが、うつ病の方が心を病むきっかけになった出来事を思い出させるような話題は避けましょう。

一緒に外出しましょう

太陽の光を浴びることは、気分転換に繋がります。本人が嫌がっているところを無理矢理連れ出す必要はありませんが、うつ病の方は自ら外出することができない方もいらっしゃいますので、こちらから少しずつ外の世界へ導いていきましょう。

うつ病の方と接するのは当然のことながら配慮が必要です。腫れ物のように扱う必要はありませんが、うつ病になると気持ちが不安定なことが多く、相手の言葉をネガティブに捉えがちですので、接し方に気をつける必要があります。

うつ病の方は最悪の場合自殺に至るケースもあるということを頭に入れておきましょう。治る病気ではありますが、決して軽視することなく専門医に相談しながら治療を進めていきましょう。