HOME → うつ病の治療法 → 思い切り笑ってうつ病を克服する

思い切り笑ってうつ病を克服する

最近、笑っていないという人はいませんか?笑うことで人間は幸福感を持ち、心身ともに健康に近づくといわれます。あらゆる生き物の中で笑うことが出来るのは人間だけで、人間にのみ与えられた特権といっていいでしょう。そのようなありがたい能力を思う存分使わなければ、損ともいえますよね。

笑うことはとても大事で、それが本心からくる笑いではなく、作り笑いでも一定の効果があるといわれます。普段、笑いの少ない生活を送っている人も、これからは意識して笑うようにすれば、うつ病予防につながるかもしれません。

笑いがない生活のリスク

笑いがない生活 笑うことは健康に効果的といわれ、それは医学的にも実証されています。老人ホームでは、少しでも元気に長生きしてもらうと、楽しいイベントを行って入所者に笑ってもらうような工夫をしています。それは、笑うことで体の中の細胞が活性化されて、病気にもかかりにくくなるからです。

逆をいえば、笑いの少ない生活は、健康にもよくないということです。普段何も面白みを感じない、楽しくない、緊張している、といった状態が笑いのない生活といえます。こうした日常が繰り返されると、ストレスも自然とたまり、病気にもなりやすくなるのです。

ストレスを溜めないためには、日頃意識して笑うことを心がける必要があります。心で笑わなくても、笑顔を作るようにしましょう。そうすれば緊張も解け、ストレスからも解放されます。

笑いの力・ナチュラルキラー細胞の秘密

ナチュラルキラー(NK)細胞という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。この細胞には、がん細胞を駆逐する力があるといわれます。このNK細胞は笑うことで増殖することが医学的に実証されています。笑いはがんの治療としても有効で、実際にガン患者に落語や漫才などを見せて積極的に笑ってもらうような取り組みをしている医療機関や介護施設もあるほどです。

笑うことでうつ病撲滅に必要なセロトニンが増える

笑うことで増えるのはNK細胞だけでなく、セロトニン分泌にも効果を発揮します。セロトニンは脳内で分泌される神経伝達物質で、快楽ホルモンともいわれます。

セロトニンの分泌が活発になると、快感や幸福感が生まれ、心が活気づきます。うつ病になるとこのセロトニンが不足するといわれますので、笑うことでセロトニンを増殖すれば、抑うつにつながるというわけです。

積極的に笑うようにすれば、ストレスも緩和でき、快感をもたらしてくれるセロトニンの分泌も促進してくれるのです。笑いがうつ病対策に効果があることは、これだけでもおわかり頂けるかと思います。

声を出して笑い、笑顔を作ろう

「笑いが健康にいいといわれても、面白くもないのに笑うことはできない」そうお考えの方もいるかもしれません。しかし、面白くなくても笑うことは可能です。声を出して「あははは」と笑ってみるだけでいいのです。全く笑わないより、断然健康に効果があるといわれます。

声に出して笑うのが恥ずかしいという人は、笑顔を作るだけでも構いません。鏡の前にた立って、ニッコリ笑ってみましょう。それだけで、NK細胞が増え、硬直気味だった心を緩和してくれます。

笑いの力を信じて、ぜひ今日からでも試してみてください。笑う日々を送れば、うつ病もガンも怖くはありません。