HOME → うつ病と他の病気との関係 → EDとセックスレスとうつ病と

EDとセックスレスとうつ病と

うつ病患者さんの苦しみは、直接的な抑うつ症状や意欲の減退などだけではありません。結婚している男性患者の場合、うつ病とEDがセックスレスにつながっているケースがあります。そこには、夫婦関係の悪化という苦悩もあるようです。患者さん本人だけでなく、パートナーの女性も人知れず悩んでいる現状が見え隠れします。

うつ病はセックスレスにつながりやすい

セックスレス うつ病の症状である、「興味や意欲の減退」からセックスに関しても消極的になりやすいものです。そこにEDが加われば、性交渉を持ちたくなくなるという気持ちも理解できます。無理をしてチャレンジしたところで、肝心の場面でうまくいかないのですから当然です。

ただ、このことが原因で夫婦関係がぎくしゃくするというカップルがあるのも事実です。病気のせいだから仕方ないとはいうものの、ひとり置いてきぼりを食らったような状態の奥さんは悲しいものです。

うつ病が改善すればEDも良くなって、以前のように愛し合える日が来ると信じて待つことにも限界があります。いつまで待てばよいのかという不安と、無条件に我慢を強いられ犠牲になっていることへの不満が募れば相当なストレスになるでしょう。

薬の力を借りてでもEDに対処する

もちろん、急性期の休養を要する人や、まったくセックスなんて不可能だという患者さんもいるでしょう。そのような人にまでセックスをしようとは言えません。しかし、うつ病に影響のない程度で可能な人もいます。ただ、EDもあってする気になれないということであれば、ED治療薬を使ってみるということもありでしょう。

年単位で抗うつ薬を飲み続けており、その間ほとんど性的な接触がないという夫婦の場合、患者さんである夫の気が向くまでは延々とセックスレス状態が続くという不安を奥さんは持ち続けることになります。

うつ病患者さんを気遣うあまり、パートナーがうつ病になってしまうというのではよろしくありません。できることはやった方が良いのではないでしょうか。心因性EDの場合、ED治療薬にどの程度の期待を持てるかは個人差があります。まずはお医者さんに相談です。

EDに改善が見られれば、うつ病の状態も良くなるという期待がないわけではありませんから、やって損はないものと考えます。うつ病からEDに、EDからうつ病にというように、この2つは互いに影響している可能性があるからです。

夫婦円満でうつ病を改善

うつ病患者さんに「頑張れ」は禁句ですが、できることまで遠慮して言わないというのでは健全ではないです。大事なのは、できることなのか無理なことなのかの見極めです。ここは素人判断は危険ですので、夫婦でお医者さんの見解を聞いて指導を受けるのが良いでしょう。 夫婦が円満になれば、うつ病の改善にも役立つのではないでしょうか。